今月のピックアップアーティスト 掲載日:2009/01/07
 
pick up artist
 

受賞作品「いつまでも」
 
作家さんの紹介
アーティスト名
袴田 佐知子
ブランド名
お山のくまのこ
受賞作品
飛騨高山テディベアエコビレッジ 
第6回テデベアコンテスト
梶原晴美審査員賞 
「いつまでも」
作家さんのHP
http://www003.upp.so-net. ne.jp/kumanoko/
この作家の作品を見る 作家さんにお便りを書く
 
     
作家さんに聞きました
 
  いつでもいっしょ
ブランド名の意味 ・ 由来について教えて下さい。
自分の作る「くま」には何となく日本の名前が合うと思っていましたが、自然に「お山のくまのこ」という言葉がうかんできてそのままブランド名になりました。
    サーカスのくま
ベアを作り始めたきっかけは?
シュタイフのテディベアが家にありましたし、作り方の本を見ているうちに自分でも作れるならと材料を買いにはしりました。
初めて作ったベアはいつごろでどんな作品でしたか? 
10年ちょっと前に作り方の本の型紙で作りました。
すぐ自分のくまを作りたくなり何の技術もないままオリジナルのくまに挑戦、アルリル製で木毛詰めの50cmもあるもので、なぜいきなりそんな大きなくまを作ったのか・・・ずいぶん無謀でした。
 
       
       
作り始めて何年、何体ぐらいになりますか?
1998年からオリジナルの作品を作っています。10年になりますが2006年から2007年には手湿疹で針を持てませんでした。
何体になったかはまったくわかりません。なぜ記録しておかなかったのか残念です。
コンテスト受賞暦はありますか?受賞暦や受賞作品をご紹介下さい。
いくつかいただきました。
Teddy Bear Times Japan Award 2000 アート賞 「やわらかな風がふいてきたね」
伊豆テディベアミュージアム サマーバケーションコンテスト ミュージアム賞 「おばあちゃんちの夏は変わらない ぼくとおとうさんは同じ夏」
ジャパンテディベアピクニック5th ピクニックベアコンテスト グランプリ 「すいかちょうだい 虫さんにもあげるから」
箱根テディベアミュージアム 第1回和風ベアコンテスト 佳作 「あったかいね」
飛騨高山テディベアエコビレッジ 第5回テディベアコンテスト 入賞 「しあわせな日々への約束をあなたに」
飛騨高山テディベアエコビレッジ 第6回テディベアコンテスト 梶原晴美審査員賞 「いつまでも」
作品に対する思いやこだわり、創作のモットーなどを教えて下さい。  
ミニサイズ「あそびにいこう」
毎日の生活の中で、何気ない一瞬がとてもしあわせに感じられることがあります。気持ちのよい風だったり、子供の笑顔だったり、ふわっとわきあがるそのしあわせな「とき」「表情」を表現したいと思いながら制作しています。  
 
動物園のぬいぐるみ
制作するときにデザイン画などは書きますか?イメージはどんな感じで浮かんできますか? 
  作りたいものの案がうかんだときにラフスケッチ程度のものは描きます。情景を表現する場合はどんな素材を使うかなど書き込みます。
イメージはモヘアを見たり触れたりしている時や、夜布団に入り「次はどんなのつくろうかなー」と考えている時に浮かびます。(ほとんどしあわせな気分で寝てしまいますが)
       
どんな環境でベア作りをされていますか?音楽を聴いたりしますか?
ほとんどは自分の机で作業しますが、途中になっている作業の材料は持ち運びできるようにしてあり気分にあわせて移動します。
音楽を聞いたりしていますが、南のベランダから聞こえてくる小学校や中学校の声や音楽を聞きながら作ることもあります。運動会の音楽が好きでなんだかうきうきしてしまいます。
       
 
     
     

風船

だきぐま

ミニサイズ「たべちゃお」
いままでの作品の中で一番のお気に入りは?
選ぶことができません。ただ何か新しいデザインやサイズのものを作る時一番最初に取り組んだ作品はどうしても愛着があり手放せません。
ベア以外で現在、熱中していることはありますか?趣味・コレクションなど。
もう販売していませんが動物園協会のぬいぐるみが大好きで動物園に通ってはコレクションしていました。おがくずの入った堅いタイプのもので、ポーズや色を変えて次々販売されるので毎回行くのが楽しみでした。 
もしよかったら見てくださいね http://www003.upp.so-net.ne.jp/kumanoko/zakki-3.html
今は犬が飼えない環境にいるため、そのかわりにシュタイフの古い犬が少しずつふえています。
好きな動物はいますか?どんなところが好きですか?(ペット以外でも)
虎です。動物の体の模様には見るたび感心してしまいますが、その中でも模様とゆったりとした歩き方の虎が好きです。
お誕生日・血液型・星座・家族構成などは?

7月21日・A型・蟹座・夫と娘と息子と私の4人家族です。

好きなことは?嫌いなことは?
何かを作ること、というより何かを作るための準備をすることが好きです。
作り方の本、材料、用具などを歩きまわって揃えていく段階ですね。そこまでやって手つかずになっていることもあります。
バッグを作ろうと買い込んだ布や持ち手、カルトナージュの台紙や水張りテープ、いつでも始められる状態で待機しています。
出身地はどちらですか?現在のお住まいは?(都道府県のみ)特産品や名産品、近くの美味しい食べ物屋さんやおすすめスポットなどございましたらご紹介下さい。
東京生まれ東京在住です。おすすめスポットは多摩動物公園や上野動物園です。動物園は木々や花で四季も楽しめて大好きでよく通いました。
今後の活動やベアに出会える場所を教えて下さい。
Ritti Bearさんほか委託でお店に置いていただいています。手湿疹で制作が止まっていたため作品があまりありませんので、少しずつでも頑張ってまたイベントに参加できたらと思っています。
     
 
       
       
あなたにとってテディベアとは?
こころを優しく穏やかにしてくれる存在です。特に制作しているときに感じます。
12月のアーティスト、高氏 佳子さんからの質問です

私はベアを作る過程で、モヘアを切り出す作業がワクワク♪として一番好きなのですが、 貴女はどの過程がお気に入りですか?ちなみに、苦手な作業は、空き口を閉じる作業です。
 
ハイハイ
同じです!一枚のモヘアから一体のくまへの第一歩で、できあがるくまを想像しながら確かにワクワクしますね。ただ片付けは面倒でいやですが。苦手な作業、こちらも同じです。  
       
 
 
袴田 佐知子さんは受賞歴も数多くある制作歴10年のベテランの作家さんです。10cmぐらいのミニチュア〜30cmぐらいの作品までクマ・犬・ゾウなど、シンプルなヌードタイプのアニマルが多く、ジョイントなしの一体型のくたくたした抱きグマや四つ足タイプの犬なども制作されます。小さい頃からぬいぐるみが好きで、おこずかいで買っていたそうです。結婚してからはご主人からシュタイフなどのメーカーベアをクリスマスプレゼントで毎年もらうほどのクマ好きです。作品は幼い感じであどけない表情の物が多く、とっても可愛いです。只今、当店のショッピングページに作品がございますので、是非ご覧下さい。