今月のピックアップアーティスト 掲載日:2014/04/09
 
 
名 前
霜村 ナツコ
ブランド
maple drop
お気に入り
黒いベア
作家さんのホームページ
http://www.xxxx.com/
作家さんの作品を見る
応援レターを送る
ベージュ×ピンクのパンダ
作家さんに聞きました
  ブランド名の意味 ・ 由来について教えて下さい。
  深い意味はありません。「メイプル」味が好きだったこと。ブランド名を考える際、濁点や小さい「つ」が入るとリズムが出て言いやすい、と何かに載っていたため「ドロップ」とつけたように記憶しています。今はもう少し大人っぽい名前にすれば良かったと思っています。
  ベアを作り始めたきっかけは?
  とても気に入った作家ベアがあったのですが、手に入れることができず、それなら自分で作ってみようと作ったのが始まりです。
 
  初めて作ったベアはいつごろでどんな作品でしたか?
  初めて作ったのは2000年。泉木の実さんの本を見て作りました。お世辞にもうまくできたとは言えませんでしたが、母にプレゼントしました。今もとても気に入ってくれていています。
  作り始めて何年、何体ぐらいになりますか?
  2000年あたりから作り始めたので13年です。作った数は数えていないのでわかりませんが、他の方の年間製作数や作る速さを見ていると、いつも自分の製作速度の遅さにショックを受けるので、実はあまり数えないようにしています。
  作品に対する思いやこだわり、創作のモットーなどを教えて下さい。
  どちらかというとこったパターンや服を着ているベアより、なんてことないシンプルなベアが好きです。ですが、だからといってそれらに挑戦しない、というのでは自分の可能性を狭めてしまう。そう思うので、気になったものにはなるべく挑戦するようにしています。
  制作するときにデザイン画などは書きますか?
イメージはどんな感じで浮かんできますか?
  新しい動物に挑戦する時にはデザイン画を描いてイメージを固めていますが、ラフ画程度です。イメージを浮かばせるのに動物の写真を見たり、他の作家さんのベアをぱらぱら見たりして、自分ならどう表現しようか考えたりします。
マレーグマ
 
miniベア

ペンギン

 
  どんな環境でベア作りをされていますか?音楽を聴いたりしますか?
  リビングのテーブルにわーっと広げて作っています。単純作業の時にはよく音楽をかけています。
テレビはつい見てしまうのであまりつけないようにしています。
  いままでの作品の中で一番のお気に入りは?
  特に一番気に入ったから、というわけではなかったのですが、売れ残った黒いベアを一体なんとなく自分の子にしました。以来旅行にはいつも連れて行くようになり、今は何かあった時はこの子を持って逃げよう、と思っています。
  ベア以外で現在、熱中していることはありますか?趣味・コレクションなど
  趣味でトランペットを吹いています。が、なかなか上達しませんし、本番は緊張するし、修行のようです。
 
新作(顔イヤリング) 川越
 
  好きな動物はいますか?どんなところが好きですか?(ペット以外でも)
  たいていの動物は可愛いくて好きです。あ、でも魚類にはあまり興味がないかも…。
  出身地はどちらですか?現在のお住まいは?(都道府県のみ)
特産品や名産品、 近くの美味しい食べ物屋さんやおすすめスポットなどございましたらご紹介下さい。
  父が転勤族だったため出身地と呼べるところがありません。現在は埼玉県に住んでいます。埼玉の川越には小江戸と呼ばれる古い街並みが残るエリアがあって、お寺や神社、お店も集まっており観光スポットになっています。ブラブラ歩くのにちょうどいいと思います。
  今後の活動やベアに出会える場所を教えて下さい。
  毎年出展しているのはテディベアフェスティバル。その他はデザインフェスタを不定期に。委託販売は「リッティベア」「神戸タイムロマン」「NUW(浜松の雑貨屋さん)」「かごめあくび(オンラインショップ)」にお世話になっています。
 
玉投げミナミコアリクイ バレリーナいぬ2 火の輪くぐりライオン
  あなたにとってテディベアとは?
  自己表現であり世の中とつながれるもの。
  2014年3月のアーティスト、井上 めぐみさんからの質問です。
霜村さんこんにちはテディベア PR の中で、可愛すぎず、完璧すぎない。どこかに抜けと悪さを秘めた子を作りたいとありましたが、私も、可愛いというだけじゃなく、どこか歪で不憫さ儚さを感じさせる様なと書きました。私はそれをヘコみや、欠け、汚れといったアンティークやジャンク等をイメージし、表現の一つとして制作しているのですが、 霜村さんが大切にされているイメージの中にゴジラや怪獣などの他ありますか?
  井上さんこんにちは。
私も不憫さや儚さを感じる作品、好きです。
そういう作品程「可愛い!」って心がギュッとなります。
大切にしているイメージ…。具体的には表現しにくいですが、私は明るい子より、不機嫌そうな顔、不安そうな情けない顔、などが好きで、じっとベアを手に持って、そういう表情を探している気がします。中でもゴジラは私の求める不機嫌そうな顔、に当てはまったのだと思います。ですが、なかなか思った表情を出すのは難しく、他からは「とぼけた顔」と言れることが多いです。それはそれで嬉しいのですが、もっと深い表情を作れるよう技術を磨きたいです。
 
霜村 ナツコさんは作家歴13年のベテラン作家です。サイズ10〜25cm位を中心にベアに限らずいろんなアニマルを作っています。色使いがかわいく、いたずらっぽい感じで、いい意味で気の抜ける作品です。只今、当店に作品がございますので是非ご覧ください。リスのめろでぃちゃんキャラも可愛いです。