今月のピックアップアーティスト 掲載日:2017/6/7

月兎雛
名前
福寿 梨理
ブランド
Cuddle a Fluffy
手がけた作品
月兎雛
>>ショッピングページはこちら

作家近影
ブランド名の意味・由来について教えて下さい。
2006年に吉祥寺にカフェ兼、人形教室を開くことになり(現在は閉店)それまでは作家名のみで活動していたのですが、店名になるブランド名を付けようということになり、フワフワしたお気に入りの子を見つけて抱っこして欲しいという思いを言葉にしました。
ベアを作り始めたきっかけは?
話が長くなってしまいますが、美術系の高校に通っていた当時図書室でハンスベルメールの写真集を見つけ衝撃を受け、その後 澁澤 龍彦さんの本から四谷シモンさんの存在を知り、日本に球体人形作家が沢山いることを知りその世界に強く関心を持ちました。
高校在学時に見よう見まねで人形の頭部や体の一部を作ったりしていました。
大学に入り、バイトでお金を得られるようになってから教室に通いたいと思い複数見学した中から先生のお人柄と人形に感銘を受けて20歳で山吉由利子氏に師事しました。
人形教室には6年ほど通い、段々と自分らしい作品を追求していく中で、人形の顔とぬいぐるみの身体を組み合わせていくようになりました。
初めて作ったベアはいつごろでどんな作品でしたか?
ベアと言って良いのか分かりませんが、いまから15−16年くらい前に顔が粘土でボディがぬいぐるみの女の子の人形を作りました。
そのすぐ後にそのお友達としてうさぎやくまを作りました。
作り始めて何年、何体ぐらいになりますか?
球体関節人形を作り始めたのは今から24年前ですが、ぬいぐるみに移行してからは16年位だと思います。
一番多く作っていた時期で月に20−30体、今は子育てに時間を取られるのでぬいぐるみバッグとぬいぐるみ併せて月に10点位。もう数は分かりませんが1000体は軽く超えていると思います。

月うさぎのクラッチバッグ

森のリリー
コンテスト受賞暦はありますか?受賞暦や受賞作品をご紹介下さい。
自分はベアの世界では邪道だと思っているので、エントリーしたことがありません。
テディベア教室は開講されていますか?
以前は人形教室を開いていましたが転居などにより現在はありません。
作品に対する思いやこだわり、創作のモットーなどを教えて下さい。
自分が可愛いと思うものというのがまず基になっています。
バッグについてはどこにも売っていないドールやベアを連れ歩けるバッグで、なおかつ大人の方が持ってもおかしくないバッグを追求しています。
制作するときにデザイン画などは書きますか?イメージはどんな感じで浮かんできますか?
アイディアを落書き程度にかきとめることはありますが、ちゃんとしたデザイン画は書きません。
絵より立体のほうが得意なので、下手な絵に縛られるのが嫌なので。

Huckleberry-Toys社から製品

代表作のうさぎ
どんな環境でベア作りをされていますか?音楽を聴いたりしますか?
結婚前はただひたすら一日中作っていました。今は子育てがあるので子供を保育園に送り出している間に時間を上手に使うことを意識しながら製作しています。
集中したいときは寝ないで夜中に作ります。環境はあまり関係なく、アトリエはもちろんリビングでテレビを見ながら手縫いすることも多いです。
いままでの作品の中で一番のお気に入りは?
今はバッグが製作の中心になりつつあるのですが、その転機をつくってくれたうさぎのショルダーが気に入っています。
あとは、海外向けにアメリカのおもちゃメーカーから発売されたことで世界の方に知っていただくきっかけになった toffee doll です。
好きな作家さんや目標、憧れの作家さんはいらっしゃいますか?
憧れの作家さんは人形では 山本福松さん、ベアでは 金井二一奈さん
ベア以外で現在、熱中していることはありますか?趣味・コレクションなど
今は私の愛する子供達のことで頭がいっぱいです。

猫のショルダー

パフ猫
ペットは飼っていますか?(ペット自慢)
犬を飼っています。全頭チワワとプードルのミックス犬です。
好きな動物はいますか?どんなところが好きですか?(ペット以外でも)
モフモフ毛のある動物は何でも好きです。近所の多摩動物園にも良く行きます。
ご自身の性格について、長所は?短所は?
長所はうーん、よく分かりません。今まで沢山のペットを飼いましたがペットは皆長生きしてくれるので、ペット飼育は得意なのかなと思います。
短所はちょっと怠惰なところ。もっとテキパキ製作や家事などこなせたら良いのにと思います。
お誕生日・血液型・星座・家族構成などは?
旦那さんと子供が二人。

ビスクドール風ボストン

ポケットサイズのアヒル
出身地はどちらですか?現在のお住まいは?(都道府県のみ)特産品や名産品、 近くの美味しい食べ物屋さんやおすすめスポットなどございましたらご紹介下さい。
東京で育ちました。小学生時代はニュージーランドで過ごしました。今も東京です。
今後の活動やベアに出会える場所を教えて下さい。
以前はコンベンション等のイベントに参加していたのですが、出産を機に製作数が減っているのでイベント系は出ていません。
3−4年後に子供達が小学生になったらまたイベントにも復活できたらと思っています。
現在は主に自分のホームページでネット販売やいくつかの委託店さんにも出しています。
あなたにとってテディベアとは?
ライフワークです。 
そして子供達に誇れる仕事でもあります。
5月のアーティスト、薫さんからの質問です。
福寿さん 初めまして、ホームページ拝見させて頂きました、とっても可愛く素敵な作品ですね。
福寿さんは、このドール、ベア、バックなどの作品をどの様に発想しているのでしょうか?
私は水族館に行ったり、写真や漫画などを見ていますがなかなか、作品に活かす事ができません、ぜひ教えて下さい。
薫さんはじめまして。
ホームページを見ていただきありがとうございました。
アイディアや発想は材料から得ることが多いです。生地や目玉を見ているとこれをこう生かしたいと思いが浮かびます。
また作品を作ると次はこうしたいと自然に次につながります。
新鮮なアイディアはお客様から頂くこともあります。こんなものがあったら、こんな感じのは?とご意見を頂くことも多く、思いもつかないようなご意見を頂戴することも多く大変勉強になります。
福寿 梨理さんは作家暦15年以上のベテラン作家で制作数も1,000〜2,000ととても多いです。作品はヌード系が多く、バッグ5:ドール+アニマル5の割合です。サイズはドール:30cm前後、アニマル:23cm・35cm前後が中心で11cm位の小さい物も作ります。アニマル作品はウサギ・アヒル・ネコ・イヌです。今後はイヌの種類を増やしたいそうです。素材(生地)はモヘアが多く、水色系が人気です。バッグはゴブラン生地とモヘアを組み合わせることが多いです。