タチムラ シヲリ 追悼展

画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。

画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。

タチムラ シヲリ

雛菊堂

追悼展

去る1月17日に作家 雛菊堂 タチムラ シヲリ さんがインフルエンザから肺炎を併発してお亡くなりになられました。ご家族のご意向によりこれまで公表を控えておりましたがここにご冥福をお祈りするとともに生前のご厚誼に感謝を込めて謹んでご報告させて頂きます。
つきましては9月に追悼展を催し生前に制作された作品と共に故人を偲びたいと存じます。
※ 販売作品はございませんので予めご了承願います。

開催日時:9月20日(木)〜24日(月)
12:00〜18:00( 最終日17:00まで ) 

【作家プロフィール】

作家名:タチムラ シヲリ(舘村 志遠里)

gecko(げっこ)

ブランド名:雛菊堂(ひなぎくどう)

肩書き:ぬいぐるみ工房

【タチムラ シヲリさんの生前のコメント】

作品を作るときは「装丁家」のようでありたいと思っています。
「表紙」に目を留め私の作品を手に取ってくださった方が、
そこに物語を見つけていただけたらと思います。
ですから飾っておくベアより手にとって、抱きしめて、楽しんでいただけるような
手触りや表情を心がけています。

雛菊堂のぬいぐるみは ほとんどが40cm以上の大きさ、
プラスティックペレットやグラスビーズを詰めて
腕の中に心地よく納まるサイズと重さです。
また 雛菊堂のぬいぐるみには名前がありません。
それぞれ 制作時に流れていた音楽のタイトルがつけてあります。
それぞれ お好きな名前を付けて可愛がってください。
それではごゆっくりご覧ください。

【経歴】

北海道出身 大阪府在住

・創作人形を浜田和氏に師事

・油彩 アクリル画を村口勝子氏に師事

・2002年から2005年までシンガポール在住

現地のテディベアショップのワークショップで
テディベアの基礎を学ぶも言語の壁に阻まれ
ほぼ独学でぬいぐるみを作り続けた。

2005年頃、シンガポールではじめてアーティストベアを目にし、
テディベアは一つの表現方法なのだと気づかされたことからオリジナル作品の制作を始める。

【活動内容】

テディベアフェスティバルへの参加やリッティベアでの作品展をはじめ
岡田美智男氏(現在、豊橋技術科学大学教授)の関係論的ロボティクスの研究プロジェクトにおいてロボットのデザインと製作の一部を担当するなど幅広く活躍。

● 開催場所

Mole Gallery
〒541-0044
大阪市中央区伏見町3-3-3 芝川ビル B1F
Tel.06-6232-3616
※ 会場への直接のお問い合せはご遠慮下さい。

【アクセス】
地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」11番出口出ると左側に見えます。
13番出口から御堂筋「伏見町3」の信号渡って東へ徒歩約1分
淀屋橋駅から286m
京阪電車 淀屋橋駅からは3番出口を上がって直進すると地下鉄 御堂筋線の13番出口です。
地下鉄 堺筋線 北浜駅 6番出口 西へ徒歩約5分
http://shibakawa-bld.net/access/access.html

芝川ビルフロアーガイド
http://shibakawa-bld.net/floorguide/

Mole & Hosoi Coffees
http://mole-and-hosoicoffees.com/

● 主催・お問い合せ

Ritti Bear( リッティ ベア )
〒531-0063 大阪市北区長柄東1-5-21-1403
tel/fax:06-6809-6820
e-mail:strada@rittibear.com
URL:http://www.rittibear.com

地下鉄 谷町線・堺筋線 / 阪急 千里線
天神橋筋六丁目駅 2番出口徒歩7分
地下鉄 谷町線 都島駅 4番出口徒歩7分
JR環状線 天満駅 徒歩15分
JR環状線 桜ノ宮駅 西出口徒歩10分

定休日:毎週 月・火曜日

※ 作品展期間中は店舗はお休みです。御用の方は携帯:080−3134−7322までご連絡下さい。

ご注文時の返信メールについて
メールソフトなどで迷惑メール設定をされている場合は、注文時に送信される自動返信メールが届かない場合がございます。当店メールアドレス[ strada@rittibear.com ]からのメールを受信できるように、ドメイン設定を行ってから注文してください。


販売価格
0円(本体0円、税0円)
個数 :

リッティベア

Ritti Bear English page リッティベアtwitterページ リッティベアfacebookページ リッティベアInstagram 日本テディベア協会 日本テディベア協会